たばけんのブログ
たばけんのおもいつき日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
<映画「2046」観てきました(^^;>
「HERO」、「LOVERS」ですっかりチャン・ツィーのファンになってしまたので、キムタクも出て話題になってた「2046」を観てきました(^^;
感想は。。。がっかり。。。(TOT)
チャン・ツィーがおばちゃんパーマ頭のシーンが多く、それがすっごい老けて見える。。。しかも、キムタク、トニー・レオンに抱かれまくり。。。チャン・ツィーのファンとしては、演技力も含め魅力半減な感じでショックでした。。。(TOT)
映画全体としても、「2046」って結局なんの意味があったの?単に部屋番号なだけ?ストーリーもトニー・レオンが官能小説家役ってこともあって、ラブシーンばっかりで、ストーリーもなにも無いって感じがしました。。。(TOT)
良かったのは、映像の色彩と、いろいろな人物(アンドロイドを含め)役を見事に演じたチャン・ツィーの演技力かな~

個人的なお勧め度は「1」(5満点)です!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tstation.blog2.fc2.com/tb.php/6-ca815122
この記事へのトラックバック
キムタクが出演!ってことで話題になった香港映画。実はこの作品、またまた、ひらりん好みのチャン・ツィイー目当て。2004年製作のSFドラマ、130分もの。あらすじ1960年代の香港。新聞に記事を売ったり執筆で稼いでる男・チャウ。宿泊先のホテルのオーナーの娘
2005/05/02(月) 19:30:26 | ひらりん的映画ブログ
俺と一緒に行かないか。キムタクの台詞。予告編でも、あんなに印象的に、してたのに。・・えっ?出番、こんだけ? えっ?えっ?なんだか知らないが、『花様年華』なる映画の続編らしい。見る前に知ってれば、先にこっちを観たかも知れないのにな。残念。だって、つまり、...
2005/05/14(土) 20:27:32 | cube1555.com
昨日に引き続き、ファボーレTOHOで『2046』を観てきました。監督は「ウォン・カーウァイ」、主演は「トニー・レオン」、共演は「チャン・ツィイー」「コン・リー」「フェイ・ウォン」「カリーナ・ラウ」「チャン・チェン」そして「マギー・チャン」・・・忘れてました&「木
2005/05/14(土) 21:19:21 | xina-shinのぷちシネマレビュー?
レントラックジャパン 2046 あらすじ… 1967年の香港。新聞記者から物書きへ転向したチャウは、 これまで何人もの女たちと刹那的な情愛を繰り返していた。 ある日、彼はとあるホテルの2046号室に泊まることに。 そして、宿泊先のオーナーの娘ジンウェン
2005/09/17(土) 08:26:06 | ケイティの映画的生活
ウォン・カーウァイ スペシャルコレクション / 『2046』『in the Mood for Love ~花様年華』監督: ウォン・カーウァイ Wong Ka wai製作: ウォン・カーウァイ Wong Ka wai脚本: ウォン・カーウァイ Wong Ka wai撮影: クリストファー・ドイル Christopher Doyle美術:
2005/10/08(土) 14:22:36 | Whaddya say?
舞台は1960年代の香港、記者のチャウ(トニー・レオン)が、シンガポールで出会ったスー・リーチェン(コン・リー)への愛しい想いを綴る。 理由も分からず別れていった彼女への想いを引きずり、行きずりの女たちとの夜を繰り返す。部屋はルームナンバー2047。ホテルの
2005/10/18(火) 02:58:19 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
2046 もう一度見てみた。うーん、編集に問題があるんじゃないかな? わかりやすい話をわかりにくくしている。 これは危険な兆候です。わかりにくいことが深いことだとは思いません。 むしろ逆で簡単であればあるほど深い。 キムタクとフェイ・ウォンのパートはわ
2005/12/11(日) 09:03:58 | カフェビショップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。