たばけんのブログ
たばけんのおもいつき日記
<ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲(映画館)>
舞台挨拶が取れた1本を観て来ました\(^O^)/

1本目 ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

前作ゼブラーマンが面白かったので、続編ってことで、「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」を観て来ました。

感想は。。。本気でおバカな映画を作ったら。。。でした。

舞台挨拶は、結構時間をとってしゃべってくれて、出演者全員の想い、熱意みたいなものが感じられてよかったです。
映画は、宮藤官九郎さんらしい脚本で、大人計画の舞台みたいな笑いって感じで、いろいろ小ネタから大オチまで、良くも悪くも、宮藤色でした。
映像も三池崇史監督らしい。結構笑いのあるゆるい脚本を、全力で壮大な映像で表現する、バカバカしいけど面白い感じになってました。
それよりなにより、今回の作品は女優「仲里依紗」の本領発揮!って感じで仲さんの魅力たっぷりに描かれてました。
前回は哀川翔さんなしには語れないゼブラーマンでしたが、今回は仲里依紗さんなくして成立しないゼブラーマンになってました。
ただ、個人的には、ちょっとオチがね~って感じもありました。

個人的なお勧め度は「4.0」(5満点)です。

みなさんのお勧め映画があったら、教えてください!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tstation.blog2.fc2.com/tb.php/486-f163e1ec
この記事へのトラックバック