たばけんのブログ
たばけんのおもいつき日記
<ホッタラケの島 遥と魔法の鏡(映画館)>
舞台挨拶付きチケットが取れたので、映画を1本を観て来ました\(^O^)/

1本目 ホッタラケの島 遥と魔法の鏡

全編CGによる意欲作、「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」を観て来ました。

感想は。。。CGが効果的じゃない。。。でした。

舞台挨拶は、中野美奈子さんが可愛かった!綾瀬はるかさんを見に行ったんですが、司会が中野さんで、驚きもあり、嬉しかったです。
映画は、製作4年、全編CGで、今日本のアニメのトップの技術をもつProduction I.Gが製作ってことで、ストーリーもありますが、映像に注目して観てたんですが、ちょっと残念でした。
舞台挨拶で監督が、企画段階から、全編CGで映画を作りたいってことで、始まったらしいのですが、ストーリーがホッタラケになったものを取り戻すホッとする映画で、とくにCGを必要とする映画では無い気がします。
人の顔とかCGなんですが、なんか変にリアル感があって、ホッとする映画の雰囲気を崩してる感じがしました。
ストーリーも大して深みがなく、CGを見せたかっただけになってしまった感じがしました。

個人的なお勧め度は「1.5」(5満点)です。

みなさんのお勧め映画があったら、教えてください!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tstation.blog2.fc2.com/tb.php/441-466dfafd
この記事へのトラックバック