たばけんのブログ
たばけんのおもいつき日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
<恋の罪(映画館)>
初日舞台挨拶が取れてたのに、体調を崩して行けなかった映画を1本観て来ました\(^O^)/

1本目 恋の罪

水野美紀さんがフルヌードで話題の、「恋の罪」を観て来ました。

感想は。。。私には詩の世界が分からない。。。でした。

水野美紀さんがフルヌードで話題だったので、すっかり水野美紀さん主演かと思っていたら、神楽坂恵さんが主演な映画でした。
映画は園子温監督ワールド全開で、表面的な「恋」なんてものは描かず、「恋」の裏側というか、闇の部分をこれでもかってほど、むきだしにした感じで、なかなか映画と正面切って向き合うのが難しい映画です。
また、一つの詩が台詞の中で繰り返されていて、その詩をただの言葉ではなく、観客がその詩の世界の中に入って、体感するように映像が作られているような感じがしました。
ただ、私は元々詩を読んだりする人ではないからかもしれませんが、理解することができなかったし、元々詩は理解というより感じるものなのかもしれないですが、私には監督が伝えようとしたものを感じることはできませんでした。
非常に個性的な映画なので、一般的な人にはお勧めはできない感じもしますが、このブログを見て興味を持った人には、ぜひ実際に映画を観て体感して、私はこんな風に感じましたって感想をいただけたら幸いです。

個人的なお勧め度は「2.0」(5満点)です。

みなさんのお勧め映画があったら、教えてください!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。